プロトキー検査を受診しませんか?

プロトキー検査とは?

プロトキー検査はプロトセラの独自技術 BLOTCHIP®-MS法によって発見した血中バイオマーカーペプチドを使用して、様々な病気にかかっているリスクを確認するための検査です。

プロトキー検査を受診する施設にて採血後、血中のペプチド量を最新鋭の質量分析装置で分析します。十分な研究成果に基づき開発された、測定精度の高い検査法です。

プロトセラでは国内の多くの大学とバイオマーカー探索研究を行い、多様な疾患の分析を行っています。これらの成果をプロトキー検査シリーズとして提供してまいります。

バイオマーカーペプチドとは?

血液中にはたくさんのタンパク質が存在し、健康維持に重要な働きをしています。一般にタンパク質が「タンパク質分解酵素」により分解され、短くなった断片をペプチドと呼びます。病気になると、タンパク質を分解してペプチドへと変化させるタンパク質分解酵素の種類と量が変化し、その結果、病気特有のバイオマーカーペプチドが変化・出現します。

図:バイオマーカーペプチドとは?

プロトキー検査シリーズ

Copyright(c) Protosera, Inc. All rights reserved.

上へ戻る